理学療法士になりたいのですが、文系or理系、どちらを選択しないといけないですか?

スポンサーリンク

高校になったら文系か理系か、選択しないといけない時がきます。できれば、このときまでに自分が進みたい道が決まっていればいいですよね。

 

もし自分が理学療法士を目指すなら文系?理系?どちらに進めばいいのでしょうか。

 

 

医学部が理系であるように、以前は理学療法士といえばもちろん“理系”の職業でした。

 

それが変わりだしたのが、10年少し前。文系の科目でも受験できるようになってきたんです。

これは、おそらく大学や専門学校が増えてきて、学生を獲得するために受験科目を増やさざるを得なくなったという事情があると思います。

 

受験科目は増えている

受験科目をみると、以前は英語はもちろん必要で、その他、数学、生物、化学、物理などが主流でしたが、現在では英語と国語、社会でも受験できる専門学校や大学も増えてきました。

 

そう考えると文系でも良いかもしれませんが、国公立大学を目指すならおそらく二次試験に理系科目が含まれてきます。そういう意味では理系を選択する方がベターなのかもしませんね。

 

受験科目については自分が目指したい大学や専門学校のホームページで確認してみてください。

 

もちろん文系でも理学療法士になれない、というわけではありませんよ。そのあたりはこちらをどうぞ。

⇒文系なんですが、理学療法士になれますか?


こちらの記事もおすすめです