書籍紹介

最近書店に行くと、リハビリのコーナーには本当にたくさんの関連書籍が並んでいます。

私が理学療法士を目指していた頃にはなかった光景です。

 

そういう意味ではいま学生をされているみなさんは恵まれてるんでしょうね。

 

ただたくさん本があるから、すべて良い本かと言われれば絶対そんなことはありません。

買う価値のない本もたくさん出回っています。

 

そこで私が実際に購入して、おすすめの書籍をこちらではご紹介します。

 

私は教育大学出身で、大学時代には某大手進学塾で長い期間塾講師をしていました。

人に物を教えるということに関しては、理学療法士の中では上位にいると自負しています。

なので、書籍を見るポイントも熟知しています。

 

こちらのブログのテーマである理学療法士の学生や新人が読んだ方がいいと思う本ですので、すでに中堅になっている人には向かないと思います。

⇒ 解剖や生理学、運動学など基礎医学に関する書籍はこちら

評価に関する書籍はこちら

痛みに関する書籍はこちら

疾患別のリハビリに関する書籍はこちら

スポンサーリンク