理学療法士で1年目でも転職したらええやん!迷う必要はないって話

スポンサーリンク

理学療法士になって勤め始めたけど、思っていた職場や仕事じゃなかったとなる人は本当に多いです。

そんなときすぐに辞めて転職するべきか悩むと思いますが、私はいますぐにでも他の病院や介護施設に移った方がいいと思っています。

なぜすぐにでもやめるべきなのか?その理由についてすべてお伝えします。

つらかった実習を乗り越え、不安だった国家試験も合格し、ようやくたどり着いた理学療法士(RPT)。

「こんな理学療法士になりたい」「あんな治療に取り組んでみたい」と夢や大志を抱いて働き始めた初めての職場。

最初は右も左も分からずに、上司や先輩のいうようにやるしかありませんでしたが、少し余裕ができたときにふと立ち止まって考えてみた。

「俺、こんなことやりたかったんやったっけ?」

それはやりたかった治療ができないことへの不満かもしれませんし、自分と合わない上司へのイライラかもしれませんね。

あと患者さんとうまく折り合えずに、つぶされそうになっている人もいるかもしません。

そんなとき「辞めたい」と思うのは普通のことだと思います。

 

でもまだ就職したところだし、1年目で辞めたいと周りに相談したら「とりあえず3年はがんばらんとあかん」といわれたり、積極的に転職を後押しされることがないですよね。

 

私は1年目だからとか関係なく、辞めたいと思ったら辞めて他のところに移るべきだと思っています。

だって3年間そこにいれば本当にハッピーな未来が待っているって到底思えないから。

そのあたりを詳しく書いていきますね。

 

スポンサーリンク



第三者の意見として聞いて欲しい

先にいうとくけど、あなたと私はアカの他人です。だからこの記事を信じて行動し失敗しても何の責任も負わないです。

でも逆にいうとアカの他人だから好き勝手いえます。あと「1年目の転職はすすめない!」ってブログで書いてる奴だってアカの他人だからそいつも無責任だ。

もっといえば上司も先輩も同僚も、結局はあなたの人生には責任を負わないわけで、最後は自分が決めんとあかん

 

その決定を下す選択肢のひとつとしてこの記事や読んでもらったらありがたい。

「無責任なこと言うな!」って人はこの先は読まなくていいから、すぐにページを閉じてください。

 

スポンサーリンク



石の上にも三年って本当?

3年はがんばれっていう上司や同僚の声の理由はこれでしょ。

「石の上にも三年」

最初は冷たい石の上にも三年座り続ければ暖まってくるというのが直訳で、我慢してがんばれば成功するって意味です。

 

初めて理学療法士の仕事に就いたとき、3年で一人前になるって話なんですけど、本当に3年で一人前になれるんでしょうか。

これについては3割くらいは本当で、残りは嘘だと思っています。

 

たしかに理学療法士として3年過ごせば、ある程度の成長は望めるでしょう。

患者さんとのコミュニケーションは円滑になるでしょうし、新人の頃のように患者さんに触るのことへの怖さもなくなるでしょう。

技術や知識も新人の頃とは比べ物にならないはずですから、それは意味のあることだと思います。

 

でもいまの職場で3年いることが最良なのかといわれたらそうじゃないですよね。

たとえばすぐに転職して違う職場で3年過ごした方が、良い上司との出会いがあったり、自分がやりたい職場である可能性だって否定できません。

もちろんこのあたりはどちらがいいのか、2通りの人生を歩むことができませんので、比べること自体に意味がないことなのかもしれません。

 

でもひとついえることは「ここに3年間いた方がいい」という言葉には根拠はありません。私からいわせてもらえば、長くおったからなんやねんって感じです。

思うんですけど「石の上にも三年」って嫌な職場で我慢強く耐え忍ぼうってことじゃなくて、どんな場所でどうやって3年過ごすのかが重要になると思うんですよね。

3年いたってクソみたいな職場だと成長は限られますし、もしかしたら鬱になって理学療法士という仕事ができなくなる可能性もあります。

それだったらさっきもいいましたが、自分を磨けるところで3年間過ごした方が絶対自分のためになります。

 

スポンサーリンク



人生は有限だから3年は本当に貴重

理学療法士として働き始めるのは21歳か22歳でしょうから、実際に仕事ができるのは40年弱。その12分の1くらいを無駄に過ごすって本当にもったいない。

しかも理学療法士としてどう働いていくかは最初の3年間にどんな人に出会って、どんな影響を受けて考えるか、これってすごく重要です。

もちろん5年目に人生を変える出会いがある人もいるのでしょうが、やっぱり最初の方で目標が定まった人ってその後ぐんぐん伸びていきます。

「こんな理学療法士になりたい」って思っていた自分の夢を近づくような出会いがあればいいのですが、それがないなら早めに探した方がいいです。

 

野球やサッカーが好きな人ならわかると思いますが、チームが変わって環境や指導者が変わっただけで大化けする選手っているじゃないですか。どんなに才能がある選手でも、環境や指導者に恵まれなければ大成できない可能性があります

 

理学療法士1年目の転職は厳しい

ここまで理学療法士1年目でも転職したければしろと話してきたのですが、ここからは現実的な話を書いていきます。

1年目の理学療法士の転職は厳しいです。

転職できないわけではないですが、相当の覚悟が必要です。

なぜ理学療法士1年目の転職が厳しいのか。その理由はふたつあります。

すぐに辞める人には信用がない

残念ながら日本では長く続ける人が良いという風潮があります。どんなにダラダラ続けていても、長く勤めている人はよしとされます。

雇う側とすれば一番イヤなのはすぐに辞められること

たとえいまの職場の状況がひどくて転職しようとして「次こそはがんばります!」といわれても、「本当にこの人はがんばれるのかなぁ」と疑われます。

まあこれはどうしようもないです。だって何をいうても1年目だから。事実は動かしようがないです。

知識や技術が素人レベル

1年目だとどれだけがんばっている人でも半人前にもなれていません。

学生レベルとはいいませんが、それに毛の生えた程度です。

既卒を雇うのは即戦力として使えることがメリットになるのですが、そのメリットがなく、また指導する必要があるのでデメリットになりかねません。

そんな中途半端な人を雇うなら次年度の新卒を雇う方がいいというのが雇う側の本音です。

 

理学療法士は1年目でも転職はできる

1年目の転職は厳しいことは厳しいんですけど、じゃあ転職不可能なのかといわれば実はそうでもありません。1年目でも転職は十分可能です。

ちょっと矛盾するかもしれませんが、この後読めばそれは理解してもらえると思います。

理学療法士1年目の転職は急募を狙え

先ほど「即戦力として使えることが既卒を雇うことのメリット」と書いたのですが、既卒を雇うことにはもうひとつメリットがあって、それはすぐに保険点数をとれる状態にあることです。

たとえば新卒の場合、4月からいきなりマックスで患者さんをふることなんて正直無理です。まずは1人か2人で様子をみて徐々に増やしていくことが多いです。

でも病院や介護施設によってはスタッフが急に辞めて「とにかく穴を埋めて欲しい」というところもあります。

 

表現が悪いですが、ここでいう「穴を埋める」は治療技術的なことではなく、売り上げが落ちないように保険点数を取れる人ってことです。

なのですぐにでも前任者を引き継いで患者さんをみてくれるのであれば、1年目でも構わないって病院や介護施設は数は多くないですが正直あります。

<<急募 理学療法士>>

って書いているところがあれば狙い目ですね。

そういう転職先を見つけることができれば、1年目でも転職は十分可能です。

履歴書と面接をどうやって乗り越えるか?

もうひとつ問題となるのは履歴書面接です。

1年目で転職すると履歴書に書くことがないんですよねぇ。

たとえば15年目の理学療法士なら、学会発表をたくさんやっているとか、15人の部下をまとめて責任者をしていたとか、訪問リハビリの経験があるとか、転職先にとってメリットとなる経歴があります。

でも1年目だとそれがない。

これが本当に困るんですよねぇ。面接でアピールするポイントがないわけですから、いくら急募していても採用に至らない場合もあります。

 

ここでやるべきことはひとつ。理学療法士の転職サイトを利用してください

 

転職サイトというのは転職先を探してくれる会社のことです。無料登録すればエージェントがついてくれて、転職の希望を聞いて探してくれます。

希望を聞いて探してくれるだけでもありがたいのですが、希望すれば履歴書の添削や面接のアドバイスをしてくれます

エージェントは病院や介護施設の内情をある程度知っていますから、どうアピールすれば効果的なのか知っています。

特に1年目の転職の場合、履歴書や面接でアピールできることが少ないですから、エージェントと相談してしっかりと就職試験対策をしてください。

 

実は私も以前転職サイトを利用したことがあって、そのとき利用したのはメドフィットという転職サイトです。

エージェントがめちゃくちゃ親身に相談に乗ってくれたのですごく助かりましたし、見学や面接時間もこちらの都合を伝えてくれて、おかげで職場に一切ばれずに就活ができました。

私は履歴書の相談もさせてもらいましたよ。

 

もし理学療法士1年目で転職を考えているなら、メドフィットは本当におすすめです。

転職を本気で考えているなら、とりあえず登録してエージェントに相談してみてください。きっといいアドバイスをもらえると思いますよ。

せっかく苦労して理学療法士になったんですから、自分らくしく本当に輝ける職場が見つかりますように。


こちらの記事もおすすめです