理学療法士が40代で転職するとき成功するための3つの秘訣

スポンサーリンク

40代に入って転職で苦労した私が、これから40代で転職しようとしている理学療法士に絶対考えて欲しいことを今回はお伝えします。

転職で失敗や後悔しないために、何を考えるべきなのでしょうか。

40代って理学療法士の経験年数でいうと約20年になっている頃。ほとんどの人が主任や副主任などの役職についているでしょうし、中には科長になって部下を仕切っている人もいるでしょう。

仕事面では第一線でバリバリ患者さんを診るというよりも、職場の発展は後進の指導を考える立場になってきているのではないでしょうか。

 

一方、私生活においては結婚をしている人が多いでしょうし、子どもが成長して一番お金がかかる時期に突入していきます。家やマンションを購入した人なら、住宅ローンもたくさん残っているでしょうし・・・。

仕事にやりがいは感じながらも、そんなお金がかかる時期だからこそ、

「よっしゃ!転職して給料アップじゃ!」

と勢いよく立ち上がりたくなります。

 

現に40代に入ってから私もそんな感じで簡単に立ち上がってしまったんですけど、現実はそんなに甘くなかった

です。

「年齢・経験不問」と求人票に書いてた病院ではなぜか書類選考で落とされましたし、面接を行ったある病院と介護施設でも採用されませんでした。

もちろん私個人にも原因はあるのでしょうが、40代での転職は本当に甘くないです。

 

昔一緒に働いていた先輩が、

「40代になると仕事がなくなるから、それまでにええ職場をみつけとけよ」

っていうてましたが、まさにその通り。

誰もが名前を知っているような理学療法士ならまだしも、そこそこがんばってきた40代の理学療法士には転職という高い壁がそびえることになります。

 

なぜ40代の理学療法士の転職が厳しく難しいのか。その理由は以下の3つだと私は感じました。

  1. 40代の理学療法士は給料面で優遇しないといけない
  2. 40代の理学療法士は周りとの調和が難しい人が多い
  3. 40代の理学療法士は成長しようとしない

ひとつずつ詳しく見ていきます。

スポンサーリンク



40代の理学療法士は給料面で優遇しないといけないがそんなに高く払えない

先ほども書きましたが、40代の理学療法士となると経験年数は20年くらいです。それだけの経験があるわけですから、1年目の理学療法士と同じ給料というわけにはいきません。

いま現在20年のキャリアがある理学療法士は、まだ理学療法士余りではない時代に働いてきた世代なので、どちらかというと高給をもらっていることが多いです。

またそんな世代だからこそ、いま現在の給料水準や昇給額で給料を算出されても納得のいく給料がもらえるわけがありません。

 

しかも転職するために動いているわけですから、いま現在もらっている給料が最低ラインで、願わくばそれ以上欲しいと考えています。

そんな40代が理学療法士が求人に応募すると、

「そんな年収はうちでは出せないからその人はいらんわ」

となってしまいます。

 

さらにややこしいことに、そういう「いま」の理学療法士の給料事情があることを知っていても、あまり給料で妥協しようとしないんですよね、ベテランの理学療法士って。

「若い頃はこんだけもらってて」と過去の栄光があるから、もう引き下がれなくなってしまっています。

雇う病院や介護施設にしたら給料面では間違いなくややこしいので、そのあたりは真摯に受け止めるべきです。

 

スポンサーリンク



40代の理学療法士は周りとの調和が難しい人が多い

理学療法士になりたての頃って右も左もわからずに、上司や先輩のいうことには「はい!やります!」って感じで行動できていた理学療法士も、40代、経験年数が20年くらいになるとそんなにたやすく動かなくなります。

たとえば朝の掃除を率先してやるのは若手や新人が多いと思いますし、歓迎会や忘年会の企画などの雑用もベテランややりませんよね。

まあ若手や新人からしても、40代のベテラン理学療法士を雑用に駆り立てるのも気を使いますから、あまり動かなくてもいいのかもしれません。
ただ40代の悪い所はあれやこれや口を出して、若い人がせっかく動いているのに邪魔をしてしまいます。歳をとっている分、融通がきかないというか、変なプライドがあるというか

たとえば歓迎会の日程を決めるのに、自分以外のスタッフの都合はいいのに「オレはその日あかんから他の日にして」といってみたり、せっかく忘年会のお店が決まったのに後から「オレ、鍋が良かったんやけどなぁ」とかいってみたり。

職場としたら動かないし使いにくい。いくら知識や技術があったとしても、そういう人の転職は厳しいですよね。

スポンサーリンク



40代の理学療法士は成長しようとしない

経験年数20年にもなるといろんな知識や技術を身につけていますし、いろんな経験もしてきています。それは悪いことではありません。

ただベテラン理学療法士って新しい治療技術をいぶかしく思うだけでなく、否定する人も多いです。私の元上司もそんな人でした。

若手が新しい治療技術を取り入れようとしたら、「そんな治療は昔は使わなかった」とか「それは間違っている」といいます。

 

ベテラン理学療法士って自分が知らないことを若手がやっていると、時代の流れについていけていない自分を認めたくないから、すぐに否定や拒否に走っちゃうんですよね。

ベテランになるといま自分が持っている知識や技術である程度治療が成り立つので、それ以上の方法を得ようとうする努力をしなくなります。

自分が努力しないのは勝手ですが、それを拒否という形で若い人たちの成長の芽を摘み取ってしまう可能性がもあります。

 

成長しようとしないベテランは本当に邪魔。だから病院や施設は雇いたくないんです。

 

これから40代で転職する理学療法士へのアドバイス

いかがですか?40代の理学療法士なら当てはまることがあったのではないでしょうか。

「いやいや、オレはそんなことないよ」

っていう人もいると思いますが、自分が思っているよりあなたは先輩風を吹かして、邪魔者扱いされている可能性もありますよ。そんなこと誰もいってくれませんし、それは転職時に何度か否定されて初めて気づきます。私は何度もその現実を突きつけられました。

もしこれから40代で転職しようとする理学療法士にはそのあたりをわかって行動して欲しいです。

そして私からのアドバイスとしては以下の3つです。

年収は下がる可能性があると心得よ

超がつくほど有名な理学療法士や、誰も持っていないスキルがある人以外は、普通に40代で転職しようとしてもそんなにお金は上がりません

いま理学療法士が置かれている状況を考えれば、給料が維持できればラッキーくらいに考えて、減ってしまう可能性もあると最初から心しておくべきです。

それも踏まえて、「やっぱりいまの職場を辞めて何かしたいことがある」というのであれば転職すればいいでしょう。

昔のように「転職=給料アップ」とはくれぐれも考えないことです。

新しい職場では新人と同じように働け

いくら経験年数があるといっても、新しい職場での勤務経験はあなたが一番短くなります。わからないことは頭を下げて聞くべきですし、雑用も率先してやるべきです。

「あの人はいうても動かないから」と思われて職場の空気を壊すくらいなら、何でも積極的に取り組んで早く認めてもらいましょう。

40代でも成長できるように努力する

40代だからって勉強しなくてもいいなんてことはありません。

人間日々成長することが大切です。そのためには若い人に混じって努力しましょう。

新しい治療法や知識はあなたを成長させてくれる可能性のあるものですよ。

 

それでもやっぱり給料は譲れない悩ましい40代理学療法士の事情

先ほど「年収は下がる可能性もある」と書きました。

「転職=給料アップ」の時代ではないことは明白ですが、それでも40代の理学療法士は最初にも書きましたがお金が必要なことも事実。

「年収が少しでも上がることは譲れない」って人も多いんですよね。

そんな40代の訳あり理学療法士におすすめの、転職で給料を上げる方法を最後にふたつご紹介します。

訪問看護ステーションに就職する

理学療法士が主に就職する病院やクリニック、介護施設の中で、一番給料が良いのは訪問看護ステーションです。訪問看護ステーションにもいろんな給与体系があると思いますが、それは間違いないでしょう。

特にインセンティブといって、訪問件数の出来高制をとっている訪問看護ステーションでは、年収500万円代の理学療法士もたくさんいますし、中には600万円を稼ぐ理学療法士もいます。

しかもこれは経験年数はあまり関係なく、3年目や5年目でも年収が500万円くらいいくんですよね。だって訪問件数を増やせば増やすほど給料が上がるんですから、経験年数は関係ありません。

もしいまから大きく給料を増やしたいなら、訪問看護ステーションをおすすめします。

ただしインセンティブの契約の場合、訪問件数を増やす必要があるので20代より体力で劣る40代理学療法士には厳しい部分もあります。

また訪問リハビリの介護報酬は今後の改定によって下がる可能性もあるので、いまほど給料もらえなくなる可能性もあります。

転職サイトを利用する

文頭に「書類選考で1回、面接で2回落とされた」と書きましたが、40代の転職は本当に甘くないです。

余裕をかましていた私も悪いのですが、まさか理学療法士になって、しかも40代にもなって就職で落とされるのが連続で起こるなんて思っていませんでした。

いや、ほんまにショックやったんですよ。

理学療法士になってから転職で苦労したことがなかったし、また応募して断られたら立ち直れないかも・・・、なんて思うようになりました。

そんなダメの烙印を押された私が選んだのがメドフィットという求人転職サイトです。

メドフィットのよいところは、ホームページを見てもらったらわかるようにとにかく迅速に対応してくれるところです。(ぜひ一度見てください)

 

タイミングにもよるのでしょうが、たくさんの求人を抱えているので、いろんな病院や介護施設を当たってくれました。

こういう求人転職サイトってあまり期待してなかったんですけど、病院の事情とか意外と握ってるんですよね。たとえば毎日何単位くらいするとか、訪問リハビリなら交通手段はバイクとか。

あと給料も最初に「これくらい欲しい」と伝えるので、その給料がもらえる病院や介護施設を当たってくれて、ちょこっと給料交渉もしてくれました。

私を担当してくれたエージェントさんがとにかく丁寧な人で、登録から3週間で無事就職が決まりました。

「あんだけ苦労して凹んでたのは何やったんや」って嫁さんに突っ込まれました(笑)

 

これから転職するならメドフィットはほんまにおすすめなので、40代で転職を考えている人は登録してエージェントさんに話を聞いてもらったらいいと思いますよ。


こちらの記事もおすすめです