理学療法士の初任給はいくらぐらい?

理学療法士を目指す方にとって、切っても切れない問題。

それはもちろんお金のこと。みなさん知りたいですよね。

 

でも実際のところ、生々しく給料のことをリアルに書いてるホームページってあんまりないのが実情です。

 

そこで理学療法士の給料に関する問題を何回に分けてかきます。

理学療法士になりたい方は必見です。

 

第1回は理学療法士の初任給についてです。

 

 
スポンサードリンク

 初任給にはいくら必要?

理学療法士になるときに、1つ考えたことがありました。

「初任給は手取り20万円欲しい」

なぜ20万円ってなったのかは覚えていませんが、そのころの私は漠然と手取り20万円にこだわっていました。

 

ご存知かもしれませんが、給料っていうのは、税金などを引かれる前の「額面」という数字と、税金などをひかれた後、実際に銀行に振り込まれる「手取り」という2つの面があります。

税金や健康保険代、年金代でおおよそ4~5万ぐらい引かれますので、手取り20万円ということは、額面で25万円必要ということです。

 

その当時は時代が良かったせいもあり、手取り20万円は確保できておりました。

 

現在はどうなんでしょうか?

 

ある病院の実際の給料明細です。

基本給 175000円

資格手当 20000円

調整手当 10000円

住宅手当 5000円

合計 210000円

 

これがベースになり、これに残業代が少しつきます。

残業代を含めば額面で22~23万円というところでしょうか。

 

手取りになるとここから4~5万円引かれますので、実際銀行に振り込まれるのは18万円ぐらいになります。

 

これは1つのケースであり、病院や施設によって、給料は変わりますので、一概には言えない部分はありますが、現状では手取り額はおおよそ17万円~20万円ぐらいです。

もし実際に給料がどれぐらいか知りたいのであれば、インターネットで理学療法士の求人広告などを実際に見て確認してみましょう。細かくは書いていないかもしれませんが、イメージはできるかもしれません。

 

気になる方は、必ず自分の目で理学療法士の求人を確認して、初任給がどれぐらいか確認してくださいね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


2011年6月17日 理学療法士の初任給はいくらぐらい? はコメントを受け付けていません。 資格