これから進学するなら、大学?専門学校?

スポンサーリンク

「理学療法士を目指したいのですが、専門学校に進学するべきですか?それとも大学に進学するべきですか?」

理学療法士を目指している方なら、一度は考えることですよね。いまから進学するならどちらを選ぶべきでしょうか?

 

専門学校なら3年(4年の学校もありますが)で卒業できるメリットがあります。

また専門学校は理学療法を専門に学ぶ環境があり、そういう人が集まってくる場であると言えます。

 

専門学校での学生生活は、遊べないということはないのですが、やはり勉強中心の生活。

専門学校だから、当たり前と言えば当たり前です。

国家試験対策も、どちらかといえば専門学校の方がまとまって努力しているイメージはあります。

 

大学の方がおすすめ?

一方、大学は4年制が多いです。大学ではキャンパスがあり、サークルがあり、いわゆる「学生生活」をおくれます。

(※専門学校でもサークルのある学校はあります)

 

専門学校と違い、他学部の学生との交流もあり、理学療法分野以外の刺激を受けることもできます。

また大学卒業生を給与面でも優遇している病院もあります。

 

私たちたちが理学療法士になったころには大学が少なく、専門学校という選択肢しかなかったのですが、最近では理学療法士を養成する大学が増えたので、大学に進学される方が多いです。

 

専門学校、大学ともメリット、デメリットはありますので、どちらに進むべき、ということはありません。

 

強いて言うなら、社会人や大卒の方なら、3年で卒業できる専門学校に進学すべきでしょう。

現在高校生や浪人生なら大学を選んでもいいでしょう。

 

大切なことはどちらに進んでも、理学療法士になるために、どれだけ努力できるか。それに尽きると思いますよ。


こちらの記事もおすすめです