理学療法士の給料は?ずばり語ります!

スポンサーリンク

理学療法士になる 給料

理学療法士の給料の相場は?

ずばり本当のところにお答えします。

 

理学療法士になりたいけども、給料がども気になります。そんな方も多いのではないでしょうか。

実際理学療法士の給料を生々しく語ることもないですし、生々しく教えてくれるサイトもないですよね。

 

というわけで、今日は理学療法士の給料について考えてみましょう。

 

スポンサーリンク



理学療法士の給料はジリ貧?

正直に申し上げると、理学療法士の給料は減ってきています。しかもかなり早いペースで。

なので、「儲けたい」とか、「お金がいっぱいもらえる」と思って理学療法士になるのは間違いです。

 

そのあたりはしっかり理解してくださいね。

 

スポンサーリンク



理学療法士の給料は今後も減るのか?

いま現在は減っていると認めざるを得ない、理学療法士の給料。では今後増える見込みはあるのでしょうか?

残念ながら、普通に理学療法士をやっていて、給料が増えることは考えにくいです。

 

それは医療にしろ、介護にしろ、保険点数がほぼ毎年減らされているからです。

 

保険点数が減ると、数をこなさないと売上を維持することはできません。

しかし一日あたり理学療法を施行できる患者数も近年は規制されてきています。

 

これからの理学療法士の給料は?

理学療法士が普通に病院や医院、老人施設で働いて稼げるお金は限界があります。

それは国が定めた診療報酬の中でやっていくしかないからです。

 

国が診療報酬を下がるで言えば、下がります。

 

今後は間違っても診療報酬や介護報酬があがることはないです。これだけは間違いないです。

 

理学療法士を目指すなら、今後のこともしっかり考えてくださいね。


こちらの記事もおすすめです