理学療法士としてスポーツ選手に携わりたい

スポンサーリンク

理学療法士になる スポーツに関わる

理学療法士を志す理由の1つに、スポーツ選手に携わりたいという希望があります。実は私もスポーツ選手に携わりたいという思いで、理学療法士になりました。

でも全ての人がスポーツ選手に携わっているかといえば、そうでもないのです。

 

理学療法士を知る機会の1つに、スポーツ選手がオリンピックでメダルを獲得したときがあります。

ハンマー投げの室伏広治選手が世界選手権で金メダルを獲得したときも、陰で支えている理学療法士の存在がスポーツ新聞の紙面を飾っていました。

 

また自分が学生時代にケガをして、理学療法士にお世話になったことがあるので、理学療法士になってスポーツに携わりたいという希望を持つ学生は多いです。

 

 理学療法士とスポーツ

理学療法士として、スポーツ選手のケガや病気からの復帰に携わることはできます。

整形外科がある病院や、整形外科のクリニックに勤務すれば、スポーツ選手やスポーツをしている学生がケガをして来院するので、そのような病院や医院を就職先として選択すれば希望は叶うでしょう。

 

ただしスポーツ選手だけに携わってる理学療法士は、正直少ないです。プロ野球の球団専属の理学療法士や、サッカーチームの専属理学療法士は、極僅かです。

なれないことはないですが、絶対なれるかどうかは、分からないというのが答えです。

 

また理学療法士として働いていくうちに、スポーツ選手以外の治療にも魅力を感じて、そちらの道に進む人もたくさんいます。私もそうです。

 

スポーツ選手と関わっていくことは可能ですが、プロのスポーツチームの専属として携わってる人は極僅か、それだけは覚えておいてくださいね。

理学療法士がトレーナーとして活動する方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

>> 理学療法士がスポーツトレーナーに転職するにはどうすればいい?


こちらの記事もおすすめです