理学療法士は他職種とどう仕事をするべきか?

スポンサーリンク

理学療法士の仕事って自分たちが想像しているより、他職種の方に理解してもらえてないことが多いです。

先日、一緒に働いている理学療法士と老健での他職種との関わり方について話していました。

 

老健では看護師や介護福祉士、ケアマネージャーなどの職種と関わることが多いです。

なぜ他職種との関わり方を考え直したのか。

 

その理学療法士がある入所者さんの移動を手引き歩行でも大丈夫だから、手引き歩行で移動してもらうように一人のヘルパーさんに伝え、そのヘルパーさんは忠実に手引き歩行を実行してくれていました。

 

その様子をみた他のヘルパーさんが、「そんなことしてたら時間の無駄や車椅子でいい」と言ったことがきっかけとなり、施設内で物議を醸し出したからです。

 

理解されにくい理学療法士の仕事

理学療法士のやってることって、他職種からみるとけっこうマニアックです。理解のない人、興味のない人から見ると「マッサージをしている人」といまでもそう見られています。

リハビリ室も1Fの奥の方など、あまり目立たないところにあることが多く、フロアのスタッフから見ると一体何をしている人たちなのか、よくわからないことが多いようです。

 

私は理学療法士なので、理学療法士の良さは理解しているつもりですが、理学療法士と仲良くなって身体の仕組みを理解できたら、移乗や介助が楽になり、結果的には看護師、介護福祉士、ヘルパーの身体は楽になります。

 

楽なればその分、入所者さんへも対応できることが増えることになり、入所者さんにとってもメリットになります。

 

一家に一人、理学療法士

ほんと一人いると便利だと思います。

 

ケガや病気のこともそこそこ知ってるし、体操やリハビリについては専門家だし、身体を動かすことについての知識だけで考えると医師をも上回ると思います。

 

ほんとはもっと他職種へのアドバイスをしたり、介助方法について一緒に考えられたらいいのですが、それがなかなか実現しないのは、最近書いている壁が存在するからでしょう。

 

なかなかうまくいかない施設内での連携ですが、最近少しだけ光明が見えてきました。

理学療法士他職種との関係

 

熱心な介護福祉士が数人いて、積極的に質問してくれるようになってきたのです。以前は質問すらなかったので、これは本当に大きな一歩です。

こっちも聞かれて悪い気はしませんから、どんどん教えたくなってきます。

 

理学療法士って人の役に立てることには、労力を惜しまないので、「もっと聞いてこんかい!」って感じで、絡まれることを期待している人も多いです。寂しがり屋?^^;

 

もっともっと理学療法士がいろいな職種の方と関わって、理学療法士の知識が患者さんや入所者さんに活かされる病院や施設が増えれば、より良く変わっていきそうな気がします。

そのためには私たちも、他職種から学ぶ姿勢をもって、積極的に関わっていく必要がありそうですね。

 

最近、回復期の病院ではフロアにリハビリ室があることも珍しくなくなり、フロアスタッフにどんなことをしているのは見てもらう機会も増えてきました。

少しずつですが、理学療法士が活躍できる下地は整いつつあるのかもしれませんね。


こちらの記事もおすすめです