理学療法の職域と対象は拡がってる?

スポンサーリンク
理学療法士が勤務するフィールドと言えば、少し前であれば病院や医院、施設がほとんどでした。

理学療法士が急増した昨今、理学療法士の職域や対象は以前と比べてどのように変わってきているのでしょうか。

 

「職域と対象」というお話ですが、すごく気になる話題だと思います。

”以前は”という話で申し上げると、インターネットや本などに書かれてありますが、やはり病院や医院、老人施設で勤務することが多いと思います。

 

病院では若年者から高齢者まで幅広い方が対象になります。スポーツ選手の靭帯損傷などのケガ、心筋梗塞の手術後の方、COPDといって呼吸のためのリハビリなど、ほんとどんな方でも理学療法の対象には成り得ます。

老人施設では、対象はもちろん高齢者。骨折をして弱った方、脳卒中になった方、お歳をめされて弱った方など、介護が必要になった方々です。

 

変わりつつある理学療法士のフィールド

以前は、このような感じで、病院や老人施設というのが、我々理学療法士のフィールドでしたが、最近は少しだけ、ほんと少しだけですが、変わっていきております。

老人施設や病院以外では、このように起業という形で理学療法士のフィールドが広がってきていています。起業している人も増えましたね。

 

もちろん起業分野だけが、職域の拡がりというわけではないのですが、「病院や施設以外に飛び出す=健康保険・介護保険を使えない」とうい図式になるので、会社を作るか、自費での診療をするか、どちらかの道になることが多いと思います。

あと最近ではスポーツジムにも理学療法士が進出していて、予防分野をになっていることがあります。

業界としては行き詰まっている感は否めません。こういった自分でされていく形もどんどん増えていくと思われます。そうしないと業界自体がダメになっていくかもれません。

理学療法士としての知識をどのような仕事に、どのように生かすか、そう考えていくと今後もフィールドは広がっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめです