理学療法士の大学ランキングは?

スポンサーリンク

理学療法士になる 大学ランキング1

「理学療法士になりたいのですが、おすすめランキングを教えてください」

このような質問がよく寄せられます。

でもランキングって一体??

 

「理学療法士になる」と一言でいっても、考慮すべきポイントはいくつかります。

 

・大学の偏差値

・国家試験合格率

・就職率

・授業内容

・講師の質

・学校の様子

・実習先の状況

などなど、ざっとあげてもこれぐらいは考える必要があります。

 

冒頭にかいた「ランキングを教えてください」の「ランキング」は果たして何ランキングなのでしょうか?

 
スポンサーリンク

 求めるべきランキングなどない

例えば、「理学療法士 大学 偏差値」と検索すると、いろんなサイトの大学の偏差値ランキングがヒットしますし、「理学療法士 国家試験 合格率」と検索すれば、合格率のランキングを探すこともできるでしょう。

 

私がずっと考えていることなのですが、おすすめの大学や専門学校なんてありません。

これは知人に聞かれても、そう答えるようにしています。

 

なぜか?

 

それはいつもお話しているように、人それぞれ感じるところが違うからです。

 

 

ある人にとってはすごく良いと思う学校でも、違う人にとってはダメな学校と感じることもあります。

国家試験合格率の良い学校にいっても、理学療法士の国家試験に不合格になる人もいれば、合格率の悪い学校にいっても受ける人がいるのと同じことです。

 

要は自分がどう感じて、どのように学生時代を過ごすか、それにかかってきます。

 

だから自分の目でみて、自分の意志で大学や専門学校を決めないと、後悔の念しか残りませんよ。

 

学校を見る目は、学校のパンフレットを見て学生生活をイメージすることから始まります。

まだパンフレットを取り寄せていない方は、ぜひこの機会に取り寄せて、イメージして下さいね。

 

パンフレット取り寄せに関して、何通かお礼のメールもいただきました。ライバルはもう動き出してます!手遅れにならないうちに、あなたも動き出さないと。

 

スポンサーリンク

広告