理学療法士の大学・専門学校別の国家試験合格率が知りたい

スポンサーリンク

これから理学療法士になりたい方にとっては切実な問題である志望校の国家試験合格率。自分の受験しようと思っている学校の国家試験合格率を知りたいのであれば、こんな方法で知ることができます。

 

理学療法士学校別合格率

 

学校別の合格率は受験を選ぶ際の基準の1つになりますので、行きたい学校の国家試験合格率を把握しておくことは受験生にとって必要でしょう。

このとき昨年度の合格率だけではなく、せめて過去5年分の国家試験合格率は把握しておいた方がいいです。浮き沈みの激しい学校だと困りますから。

 

スポンサーリンク



学校別の合格率を知る方法

学校別の合格率を知るには、3つの方法があります。

ホームページをみる

学校のことを調べるなら、これはもう常識ですよね。まずは行きたい学校のホームページを見てみましょう。

学校のホームページはこちらに一覧が記載されていますので、知りたい学校のホームページにアクセスしてみましょう。

理学療法士の養成校一覧

 

理学療法士学科のページや進路状況のページに国家試験の合格率が書かれていることが多いと思います。

 

ただし国公立大学の国家試験合格率は掲載されていません。また私大や専門学校の国家試験合格率が掲載されていたとしても、昨年度の分のみという学校が多いです。

 

パンフレット・資料を請求する

ホームページを見ても国家試験の合格率が掲載されていない、または昨年度分しか載っていないというときには、知りたい学校のパンフレットや資料を請求してみましょう。

パンフレットや資料には国家試験の推移が掲載されていることが多く、また就職率の推移も掲載されているので一石二鳥です。

資料請求はこちらから一括でできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

いまなら高校生は7校以上資料請求すれば、もれなく図書カードがもらえるキャンペーン中です。せっかくなので気になる学校があれば、ごっそり請求して図書カードもゲットしてしてください。

 

資料請求の方法がわかりにくいという方はこちらに詳しい方法を説明していますので、こちらを参照してください。

資料請求方法 詳細

 

学校のパンフレットや資料はその他にもホームページに記載されていない情報が掲載されていることが多いので、国家試験の合格率を知る以外にもぜひ取り寄せておくことをおすすめします。

 

学校に電話をする

ホームページにも掲載されていなくて、パンフレットや資料を請求してもわからなければこれが最終手段です。

直接学校に電話して、自分は来年そちらの学校を受験することを考えており、国家試験の合格率を知りたい旨を伝えて、理学療法士学科や進路担当など対応してくれる部署につないでもらいましょう。

 

でも直接電話するのってけっこう緊張すると思いますので、パンフレットや資料を請求する方が絶対ハードルは低いです。パンフレットや資料に記載してあれば電話で聞く必要はないですから、まずはそちらをおすすめします。

 

まとめ

国家試験合格率はいまだ高水準ですので、全国平均よりも低い場合は記載していないことが多いと思います。

もしもホームページを見ても掲載されていなくて、パンフレットを取り寄せても記載されていない場合はちょっと疑って、電話をかけてもはっきりと答えてくれない場合は、その学校は私なら受験対象から外します。

 

まあ電話をしても答えてくれないことはないと思いますが、ホームページやパンフレットに情報を掲載できない時点で誇れるほど合格率は高くないということでしょうから。

 

ちょっと手間ですが、自分の進路を決める重要な要素ですので、しっかり行動しましょう。

こちらの記事もおすすめです