理学療法士になってつらいことは?

スポンサーリンク

理学療法士の仕事としてのやりがいや魅力がある一方で、つらいこともたくさんあります。

理学療法士の仕事をしていく上で、つらいことってどんなことでしょうか?

 

つらいと言えば、患者様の治療が思うように進まないときの大変さでしょうか。

 

色々な患者様の治療をしていく上で、どの患者様もよくなっていくとは限りません。

中には日に日に弱っていくようなケースもあります。

 

そんな中でも理学療法士は患者様の傍で寄り添えるのか、そのあたりが試されます

 

自分の腕の未熟さで患者様がよくならないときは、申し訳ない気持ちとつらい気持ちでいっぱいになります。

その気持が理学療法士としての成長にもつながると思いますよ。

こちらの記事もおすすめです