背が低くても、理学療法士の業務は大丈夫?

スポンサーリンク

以前、理学療法士を目指す女子高生から、こんな質問をされました。

理学療法士になりたいんですけど、背が低かったら難しいですか?」

 

理学療法士と背が低いこと、その関係は?

 

この方は、理学療法士といえば、長身でがっちりした体格のイメージだったようです。

背が低いことの説明をする前に、背が高いとどうなるのか?答えは腰痛になりやすいと思います。

 

移乗動作といって、患者様がベッドと車椅子を動くときに介助をすることがあるのですが、このとき背が高いと、背が低い患者様と高さを合わせないといけませんので、けっこう腰がきついです。

 

私の以前の職場の後輩は、移乗動作の介助で腰痛となり、何ヶ月も仕事を休んでいました。

 

背が低いこと、それは大きなマイナスにはならないと思います。背が高すぎるよりずっと楽に業務できます

 

背が低い方でも理学療法士になって、しっかり仕事はできますよ。

こちらの記事もおすすめです