フロアとセラピストの思い、そこに違いはあってはいけないが・・・

スポンサーリンク

理学療法士になりたての頃に抱いていたがむしゃらさと、組織の中で生きていく難しさについて今回はお伝えします。

フロアとセラピストの思い、そこに違いはあってはいけないが・・・1

理学療法士の学生の頃、学んだことは「すべては患者さんのために何ができるのか」、それだけでした。

新卒の頃、未熟さゆえに技量や知識で劣る先輩理学療法士に負けないために、とにかく患者さんのためにできることを考えました。

がむしゃらな思いがすべての原動力といってもいいでしょう。

 

ただ病院や施設という組織の中で仕事をしていくと、その思いだけで動かすことができないこともあります。

フロアスタッフとの兼ね合いなんかもそうですよね。

 

働き始めると見えてくる壁

セラピストとしては、その患者さんの身体機能を考えたとき、ある運動をフロアでもやって欲しいと考えて、フロアスタッフにお願いしたところ全然やってもらえない。

こんなことをは日常的にありえます。

 

理由を伺うと「忙しかった」「手が回らない」など、マンパワー的な問題がでてきます。

もちろん本当に人員的に無理なら、それは仕方ないのですが、病棟をみているとマンパワー的な問題ではなく、その方の身体機能に関わる意識によるところが大きいように思えます。

 

たとえば、回復期リハビリテーショ病院の看護師さんは協力的なことが多いですが、慢性期の病院の看護師さんは非協力的なことが多いです。(すべてとは言いませんが)

 

がむしゃらなセラピストと実際に対応する病棟スタッフ、根本的に学んできていることが違いますし、仕事内容も違うわけですから、全く同じ方向を向くことは難しいのかもしれません。

ただ患者さんが、何かしら良くなるような方向に議論できないものかと、いつも考えています。

 

フロアとセラピストの思い、そこに違いはあってはいけないが・・・2

これは誰の仕事だからとか、なすり合いすることなく、患者さんのためになることを一緒にすればいいだけです。

 

理学療法士になってすぐの頃は、本当にがむしゃらだっただけで、他部署や上司ともぶつかってばかりでした。

なんでわかってもらえないのだろうっていつも考えていました。

先日もある若いセラピストがフロアスタッフと言い合いになってましたが、内容を聞けばどうみてもそのスタッフの方が正しいのに通らないんですよね。

 

いま学生の方や、これから理学療法士や作業療法士を目指す人に、こんな愚痴を言っても仕方ないかもしれませんが、働き始めるといくつも現実の壁があることもまた事実です。

そのあたりもうまく乗り越えられる柔軟性をもったセラピストになってくださいね。

こちらの記事もおすすめです