理学療法士・作業療法士の国家試験を受ける方へ

スポンサーリンク

理学療法士になる 国家試験試験前に考えて

国家試験まであと4日。

みなさん、不安はないですか?でもいいんです。不安でいいんですよ。

 

不安ですかぁ。そりゃそうです。一世一代の大勝負ですから。

かつて長嶋茂雄さんが出ていたCMでこんなことを言ってました。

 

「プレッシャーはたしかにあります。でも緊張したらダメです。それを楽しむことができれば、その人は勝負強いです」

 

あと前回のWBCで絶不調だったイチロー選手が、最後の最後にタイムリーヒットを打ったときもこんなことをいってました。

自分がバッターボックスに向かっているけれど、それをアナウンスしてる自分がいたと。

 

「さあこの大会絶不調のイチロー、一球目は見逃して、ボール!」って、アナウンサーイチローが言ってたそうです。

 

完全に楽しんでいますよね。

 

緊張や不安って、なくなるんですか?

 

緊張や不安はなくならない

いま国家試験勉強を死ぬほどやっても、際限なく違う課題は見つかるでしょう。

そしたらまた不安になって、勉強しての繰り返し。これで不安ってなくなりますかね?

 

さきほどの長嶋茂雄さんやイチローの話じゃないですけど、私は不安や緊張を認め、それを楽しみたいといつも考えています。

 

この時間が終われば、もう国家試験の勉強は一生できないんやって愛おしく思うぐらい楽しみます。

 

もちろん勉強はしないといけませんので、勉強はしてください。

 

でも不安や緊張を無理に取り除くことも必要ありません。だってそれは誰にもあるんだから

一緒に国家試験会場まで連れて行ってあげて、仲良くしてあげてください。

 

結局月並みな言葉になりますが、実力以上のものはでないです。緊張で押しつぶされて力が発揮できないなんてもったいない。

せっかくやったら、楽しんだ方が得じゃないですか?

 

あと試験当日のことを少し考えてみましょう。

 

すでに言われているかもしれませんが、必ず時間配分をきめておいてください。最後に10分見直す時間をつくっておくぐらい。

それと分からない問題があって迷ったら、とりあえず1つに絞ってマークしておく方が無難です。

 

パニックになって先先進んでいると、置いといた問題が多すぎて、見直す時間はないわ、迷って置いといた問題はいっぱいやわで、えらいことになった人がいます。

 

とりあえず1つは書いておくか、最悪でも「時間なかったらこれにする」っていう1つの答えはきめておいてください。

 

あとはじめの合図でスタートせずに、一度深呼吸して周りを見渡して、いままでやってきたことを思い出して、それから取り掛かりましょうかね。

 

なぜか?それを覚えていれば、それだけ余裕があるということです。

あとは神に1回祈ってからスタート。これ、私のルーチンワークです^^;

 

では、検討を祈ります。

こちらの記事もおすすめです