理学療法士の国家試験合格率は今後上がる?下がる?

スポンサーリンク

理学療法士になる 国家試験合格率

理学療法士の国家試験合格率は今後上がるのか?下がるのか?これから理学療法士を目指す人にとっては、ぜひとも知りたい話題。

一体どうなる、合格率?!

 

先に断っておかなければなりませんが、理学療法士の国家試験合格率が上がるのか、下がるのか、このあたりは正直わかりません。

あくまで周りの先生方のお話を踏まえての予想になります。予めご了承の上、読み進めてください。

 

今後どうなるかを考える前に、現在の理学療法士の国家試験合格率をおさらいしておきましょう。

参照)理学療法士の国家試験合格率は?

 

国家試験の合格率はどうなる?

現在の理学療法士の国家試験合格率は74.2%。昨年度の試験で大きくポイントを下げました。以前は90%台も当たり前だったのですが、もう懐かしい時代と言えるかもしれません。

 

今後の理学療法士に国家試験合格率の予想ですが、おそらく下がるでしょう。理由は明確で、理学療法士の数が飽和状態に向かっていること、これに尽きると思います。

いろいろな憶測が飛んでおります。

「70%前後で落ち着くのでは?」

「いやいや50%ぐらいになるだろう」

などなど。

 

どれもほんと憶測なので、ほんとのところはわかりません。しかし、以前のように90%は台まで上がることはないでしょう。それだけは確実です。

参考にしてください。

こちらの記事もおすすめです