理学療法士として働くことの意義は?

スポンサーリンク

理学療法士になる 意義理学療法士として働くことの意義、先日お話した『志』と同じく、難しいですね。理学療法士として、働く意義とは?

 

先日こんなご質問がありました。

 

「私は理学療法士を目指しています。理由は様々ですが、勉強勉強…と追われるうちに、だんだんと意欲が薄れてきたような気がします。

そこで是非理学療法士の方に、理学療法士として、働くことの意義を教えてもらえたら、と思いまして聞いた次第です。」

 

理学療法士を目指すと決めても、受験勉強はほんと大変ですよね。

 

やり気を失ったり、迷うときもあります。

 

私たちが存在する意義

私たちの仕事は自分のためではなく、他人のためにどういう風に自分が存在するか、そこに仕事をしていく意義があると思います

 

いま「私たちの仕事は」と書いたのですが、実はこれはどんな仕事にも言えることです。

例えばプロ野球選手ならファンという他人に夢を与えるために働きますし、大工さんなら家を買ってくれた方のために働きます。

 

自分がいることがどれぐらい社会の中で意味の あることなのか、仕事をするってそんなことなのかもしれませんよ。

こちらの記事もおすすめです