今後、理学療法士の給料はあがりますか?

スポンサーリンク

タイトルのとおりなんですが、こんなご質問がありました。

今後、理学療法士の給料があがるかどうか?

 

気になる問題ですね。実際のところどうなんでしょう?



ご存知かもしれませんが、理学療法士に限らず、病院での診療報酬は下がり続けています。

医師が診察した、レントゲンを撮った、点滴をした、もちろん理学療法を実施したなどなど、全てではないですが、だいたいさがっている傾向です。

 

下がり続ける診療報酬

理学療法の点数だけ診てみると、実際私が理学療法士になったころに比べて、同じ治療をしてもいただけるお金が半額ぐらいになっていますし、一日に担当できる患者様の数も制限されています。

点数がさがり、一日に担当できる患者数にも限度があると、必然的に私たちが稼げるお金というのは減ってきてしまいます。

 

一日に稼げるお金が減るということは、もちろん毎月いただく給料にも影響してきます。

 

医師求人広告を見たことはありますか?見たことがない人が医師の給料を見ると、すごく高くて驚きますよ(*_*)

非常勤の勤務でも日給5万円は当たり前で、中には10万円というのもあります。

 

それでもその額でも、ここ数年は減少傾向だと言われています。もし医師の給料を知らない方がいらっしゃれば、一度求人広告を見てください。

 

理学療法士も給料は減少傾向なのですが、今後の展開を考えとき、上がるのか、下がるのか、どちらと言われれば下がる可能性が高いです。

高齢者が増加していくわけですから、医療費は今後も高騰していくことが考えられます。そなってくると国としては、1円でも医療費を下げたいと考えますので、やはり下がっていくと考えます。

 

下がっていくから理学療法士にならない、というのではなく、そんな中で理学療法士としてどんなことができるのか、そう考えるのが大切なのかもしれませんね。

 

でもやっぱり医師の給料は高くて羨ましい・・・。

こちらの記事もおすすめです