理学療法士からの転職は可能?

スポンサーリンク

理学療法士になったけど、残念ながらやっぱり違う職業になりたい、そう考える人もいるかもしれません。

でも医療畑を歩いてきた理学療法士からの転職って現実的に可能なんでしょうか?

 

理学療法士って、理学療法のことはもちろん詳しいですけど、社会の常識や世間のことには、かなり疎い人が多いです。(まあ人によりますが)

 

これは理学療法士に限らず医療人全般に言えることだと思いますし、どの分野においてもそうなのではないでしょうか。例えばプロ野球選手がいきなりラーメン屋さんをしても、繁盛するかどうかはわからないように。

 

つぶしはきかないと思え

病院ってかなり特殊な社会だと思いますので、理学療法士を辞めて一般的な企業に勤めたとして、しっかりとした社会人として通用する人はほとんどいないような気がします。

 

そういう意味では、理学療法士としては名のある方でも、もし理学療法以外の分野に挑戦しようものなら、全く通用しない可能性があります。

 

では理学療法士から転職したいと思った場合、どうすればよいのでしょうか?

 

私が知っている事例でいうと、医療や福祉関係の会社に転職することがあります。例えば医療機器のメーカー、福祉機器のメーカーなど。そうすれば理学療法士で得た知識を生かすことはできます。

また医療や福祉の知識を生かして、インテリアコーディネーターとして活躍されている方もいらっしゃいます。

 

もちろん理学療法士を辞めて、別の道に進まれた方もいらっしゃいますが、そこでは理学療法士として働いていた知識はあまり生かせていないと思います。

 

いずれにせよ、理学療法士から転職を考えた場合、理学療法士としての知識が生きる医療業界や福祉業界であれば、転職できるのかもしれません。

 

お金のことを考えると転職した方がいいときもあります。

 

製薬業界や医療コンサルタント、医療機器業界への転職など、医療業界の他職種への求人情報もけっこうありますから、一度見てみるのもいいかもしれませんよ。

こちらの記事もおすすめです