理学療法士の年収は低すぎる??

スポンサーリンク

ある理学療法士がこんなことをつぶやいていました。

「私の年収は低すぎるわ」

 

たまに耳する話しですが、では理学療法士の年収ってほんとうに低すぎるのでしょうか?

 

理学療法士の給料や年収が低すぎるかを考えるとき、やはり他職種との比較が必要になります。

理学療法士の給料・年収、他職種との比較についてはこちらでまとめておりますので、こちらをご覧ください。

⇒理学療法士の給料・年収についてのまとめ

 

他の医療職と比べると?

一方、他職種との比較で低すぎるかどうかよりも、自分の中でのお金に対する価値観とういうのも、年収が低すぎるかどうかを考える基準となるでしょう。

毎月旅行に行きたい、広い家に住みたいなど、豪盛な生活をしたいのであれば、理学療法士の年収は低すぎるのかもしれません。

 

でも特に豪盛な生活は必要なく、「普通に食べていくぐらいあればいい」というのであれば、理学療法士の年収が低すぎるということはないでしょう。

もちろん医師の給料よりは安いですが・・・。(医師の求人も一度ご覧ください)

 

プロ野球選手のように、年俸◯億円欲しいというのであれば、理学療法士は辞めた方がいいですけど、普通に食べていきたいのであれば、理学療法士の給料・年収でも大丈夫だと思います。

結局、年収が低すぎるかどうかは、自分の価値観によるものが大きいのではないでしょうか。

 

理学療法士の給料や年収に関しては、必ず自分の目で求人広告などを確認してみてくださいね

こちらの記事もおすすめです