理学療法士と薬剤師、給料が高いのは?

スポンサード リンク

 

理学療法士も気になるんだけど、薬剤師も気になる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方々が知りたい情報には、やっぱりお金のことがあると思うんです。

 

理学療法士と薬剤師、給料が高いのはどちらでしょう?

 

理学療法士の給料については、何回かに分けてお伝えしました。

⇒理学療法士の給料・年収まとめ

 

では薬剤師の給料と比較するとどうなんでしょう?

 

理学療法士としては残念なのですが、答えは薬剤師の方が高いことがほとんどです。

 

薬剤師といえば、以前は病院内の薬剤科(薬局)に勤務することがほとんどでしたが、最近は活躍のフィールドが拡がっています。

 

近年、病院や医院では院内で薬の処方がされなくなってきました。いわゆる院外薬局というやつです。大きな大学病院や市民病院の玄関の近くに、薬局が立ち並んでいる光景を、皆さんも見たことがあるでしょう。

 

また最近ではドラッグストアの乱立により、薬剤師の需要が急激に高まった反面、薬剤師になるための大学が4年制から6年制に移行したこともあり、薬剤師の供給不足が深刻となり、薬剤師が不足して引く手あまたになりました。

 

供給不足になるということは、給料は上がるといことで、一部のドラッグストアの求人広告には新卒でも30万円を超える給料を提示しているところもあります。

 

一方で理学療法士の給料は、新卒でも17~20万円程度でしょうし、薬剤師との給料比較では、薬剤師の方が高いと言わざるを得ないでしょう。

 

ただし薬剤師になるための学校には6年通う必要があり、私立大学では年間200万円も必要な大学もあります。けっこうお金がかかるんですよね。理学療法士には最短3年でなれますし。給料だけでなく、そのあたりの比較も必要です。

 

薬剤師の求人情報については、必ず自分の目で確認してみてくださいね。理学療法士よりだいぶ高いと思います。

スポンサード リンク

おすすめのポケットWi-Fi

     


2011年7月30日 コメントは受け付けていません。 資格