理学療法士の非常勤勤務(アルバイト)ってありますか?

スポンサーリンク

理学療法士の年収やボーナスがいくらぐらいか、いままでお話してきました。でも理学療法士の働く形って常勤だけじゃないんです。

理学療法士は、病院や施設で常勤勤務する以外にも、副業的に休みの日に非常勤勤務(アルバイト)をしている場合もあるんです。

以前はこの非常勤勤務が厚遇で、時給5000円を超える場合もありましたが、現状では2000円から4000円程度と落ち着いてきております。

例えば月曜から金曜までは病院で、常勤勤務して、日曜に他施設で非常勤勤務をする、という働き方になります。

 

非常勤での勤務は、基本的には病院で認められていない場合もありますので、そのあたりは責任者に許可をとる必要があります。

 

減ってきている理学療法士の非常勤

非常勤勤務をした場合、年収は常勤勤務での年収分と、非常勤勤務での年収分を足したものとなりますので、多い方なら新人でも450万円程度になることがあります。

ただし非常勤での勤務も理学療法士の増加に伴い、減少しているのが実情です。昨今の理学療法士の急増に伴い、常勤を雇う病院や施設が増えてきたんです。

 

また常勤に比べて非常勤は割高になるので、常勤で満たされてくると、非常勤の時給も自ずと下がってきました。

 

そういう意味では、今後常勤勤務以外の、非常勤での勤務にお金を期待するというのは、難しくなっていく可能性が高いと思います。

 

気になる方は、非常勤の理学療法士の求人を探して、自分の目で確認してくださいね。

こちらの記事もおすすめです