文系なんですが、理学療法士になれますか?

スポンサーリンク

「理学療法士になりたい!」と思ったけど自分は文系だった。こんな悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

文系の方が理学療法士を目指すのは大丈夫?何か問題は待ち受けているのでしょうか?

 

まず理学療法学科を受験するときに、受験科目に生物や化学を必須としちえる学校もあり、受験校が限られてくる可能性はあります。

 

ただし最近では学校が増えたせいもあり、理系科目を必須としている学校も減ってきましたので、文系だから受験する学校が全然ない、ということはないと思います

 

理系の勉強もある?

次に考えないといけないのは、入学してからの理系科目の勉強が理解できるかどうか、ということです。

理学療法の履修科目の中には、物理学や生理学など、いわゆる理系の勉強も入ってきます。

 

ただ物理学は理学療法士に必要な簡単な知識を学ぶ程度ですし、生理学も生物をやっていれば少し得する程度で、入学してからしっかり勉強すれば全く問題ないと思います。

 

文系だから理学療法士になれない、ということはないので、文系の方もどんどんチャレンジしていただきたいです

 

ちなみに私も超がつくほどの文系人間でしたが、問題なく理学療法士をしていますよ。

こちらの記事もおすすめです