痛みに関する書籍

スポンサーリンク

こちらでは痛みに関する書籍をご紹介します。

痛みの基礎をまず抑えたいなら

痛みについて分かっていなければセラピストとしての仕事は成り立ちません。ただ専門書籍や文献は難しすぎて頭に入ってこない。

そんな人におすすめなのが図解入門よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book)です。

痛みについて学生や新人でも分かりやすく解説しています。

baa50140a9c2bd4625363b631cd554e3
痛み・鎮痛の基本としくみ

c37bfbdb2c2198d06e05fc92dbb38c7f

  • 一般向けに書かれた書籍ですが、痛みに関する基本的な知識は網羅されている。
  • イラスト付きで理解しやすい。

b9ff550c69d8dd2371f5352ed5afe671

  • 痛みを深く知りたい人にとっては少し内容は浅い。

509bb6f729c1d670e3423c2c175d9acd

これは本当に良書です。

4512d9aa0f248f820146b1f403f529c9

  • 理学療法士や作業療法士の学生。
  • スポーツトレーナー。
  • 新卒から中堅セラピストで痛みを復習したい人。